低圧18円案件に挑戦 太陽光発電 開始後の経過

2019年1月分発電量と、第4期(平成30年分)1年間の集計です

2019年1月分発電量 1号機&2号機の売電結果

1号発電所(低圧連係40kw)  2019年1月分発電量
1月分の発電量の明細が届きましたのでご報告します。

1号発電所(アイセス製パネル合計40kw パワコン合計40kw:38.9円売電)の
1月分(算定期間12月8日~12月9日 34日間)
売電額2,297kWh(89,307円)
昨年実績1,926kWh(74,882円)
昨年比 119%
————————————————–
2号発電所(低圧連係49kw・FIT24円)  2019年1月分発電量

2号発電所(XSOL製パネル合計57kw パワコン合計49kw:FIT25.9円売電)の
1月分(算定期間12月10日~12月10日 32日間)
売電額2,363Wh(61,202円)
販売会社さんのシミュレーションを5%程上回る売電量で推移中。
————————————————–

第4期目1年間(2018.1月~2018.12月)の集計です。※見辛いシートですが、クリックで拡大表示します
2018
合計売電額:3,558,368円
前年比:184%

1号発電所のパワコン交換といった緊張する場面もありましたが、2018年の後半に好天が続いたこともあり、概ね期待通りの結果になりました。2019年のトピックは
1.消費税がどうなるか。10%になってくれれば、売電関係者にとっては非常にうれしい展開になりますね。
2.2019年の買取価格・FITは税別14円になるようです。新規太陽光の市場がどうなっていくのか注視したいです。意外と新規案件が出てくるのではないかとも思います。銀行融資を良い条件で得られれば、イールドギャップをしっかり確保出来るような条件の良い物件に出会えれば、さらに規模拡大は進めたいと思っています。
3.まずは建設中の3号機・4号機の連携を、しっかり見守って行きたいと思います。

-低圧18円案件に挑戦, 太陽光発電 開始後の経過

Copyright© 太陽光発電と不動産投資でめざせ資産形成! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.