新築賃貸物件の登記を自分で

新築賃貸物件の登記を自分でやってみます・所有権保存登記

建物表題登記が完了したのち、行ったのが所有権保存登記です。一連の手続きの中で一番簡単でした。

所有権保存登記に必要な書類を揃える・・・・
◆登記申請書・・・法務局のHPから、様式がダウンロードできます。
http://www.moj.go.jp/MINJI/MINJI79/minji79.html
ワタクシが実際に使ったものは、下記からword文書をダウンロードできます。
所有権保存登記申請書
多分、一番迷うのは課税価格と登録免許税の金額ではないでしょうか。登記相談にいけば、丁寧に金額を教えてくれますので、それを聞いてから書けば大丈夫です。
◆家屋の登記事項証明書もしくは表題登記済証・・・表題登記が完了していますよという書類。
◆建築確認済証・・・ハウスメーカーから貰います。
◆住宅用家屋証明書・・・市役所に申請します。これにより、登記時の登録免許税が減免されます。減税規定に適合することを証明する、市区町村長発行の証明書。ワタクシの場合今回は自宅でなく、賃貸用物件なので減免対象になりません。よって初めから準備はしていません。

実印と登録免許税用の現金を持参して行きましょう。数日で完了し、「登記識別情報」(いわゆる権利書)が貰えます。

-新築賃貸物件の登記を自分で

Copyright© 太陽光発電と不動産投資でめざせ資産形成! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.