*

低圧49kw太陽光パネル、設備の見積もり②

公開日: : パネル、設備の見積もり

産業用低圧太陽光発電設備49kwのパネル、設備の一括見積もりを取ってみました。2社目からお見積りを頂きましたので公開いたします。

条件は、
・約300坪の土地に設置
・設備一式、工事費込み
・フェンス、整地費用は除外

という内容です。第2弾はB社様から頂きました、「トワダソーラー」。

トワダソーラー・49.0kw
トワダソーラー2014.11

こちらの業者様の提案は、「60KW~70KWモジュールに対しパワコン容量が49.5KW低圧産業用の提案が年間発電量と収支の関係が良い結果が出ております。」との事ですので、もう少し予算を増やしてパネル容量を上げた方が良いという事なのだと思います。価格的には、架台や電気工事の金額がやや高めに見積もられて来ていますので、配置の仕方などで大きく価格が変わるということなのかもしれません。地形などの打ち合わせ次第で、また価格が下がったりする余地があるように思いますがどうなのでしょうね。

余談ではありますが、未確認ではありますがかなり重要なお話が追記されてました。「電力の現在の状況から、今までは設備認定を受けていれば売電価格確定でしたが27年度には連系日ベースで売電価格が変わる事方向ですので、宜しくご検討ください。」

この件について、詳しく情報をご存じの方がいらっしゃったら教えてください。本当だったら大変ですね・・・急がないと!!

関連記事

no image

低圧49kw太陽光パネル、設備の見積もり①カナディアンソーラー

産業用低圧太陽光発電設備49kwのパネル、設備の一括見積もりを取ってみました。条件は、 ・約300

記事を読む

Comment

  1. 高橋 より:

    おはようございます。高橋です。
    27年度はそのようになる可能性が高いとは私も聞きました。
    しかし、現状は正式には決まってなく、現在検討しているというのが正しいと思われます。

  2. solar_49kw より:

    高橋様
    レス遅くなりましてすみません!現在検討という事なんですよね~。最近、あちこちからそういう話を聞くようになりました。急がないと行けませんね。

solar
2017年10月分発電量

1号発電所(低圧連係40kw)  2017年10月分発電量 10

rate chart
株式・投信 資産運用状況 2017/9/29

9月は久々に個別株を物色。GMOインターネットを1単元購入しました。ワ

solar
太陽光2号機 土地決済と登記手続き

9/15(金)、地元けんしんさんにて太陽光2号機の土地決済を完了しまし

solar
2017年9月分発電量

1号発電所(低圧連係40kw)  2017年9月分発電量 9月分

rate chart
株式・投信 資産運用状況 2017/8/31

8月は、投信・ETFの配当がいくつかあり、日経平均は先月より少し下げて

→もっと見る

  • 秋田県秋田市在住。産業用太陽光発電と不動産賃貸事業で、安定した経済基盤を作ることを目指しています。 ワンボックスのクルマで年中あちこち旅して回っています。
PAGE TOP ↑