太陽光発電 開始後の経過

2019年3月分発電量 1号機&2号機の売電結果 3号機、4号機の推移

1号発電所(低圧連係40kw・FIT36円)  2018年3月分発電量
3月分の発電電力量の明細が届きましたのでご報告します。
ミドルソーラー1号発電所(アイセス製パネル合計48kw パワコン合計40kw:FIT38.9円売電)の
3月分(算定期間2月7日~3月6日 28日間)
売電分
3,507kWh(136,352円)
昨年実績2,614kWh(101,632円)
昨年比 134%

今年は天気のいい日が多く、パワコンの異常停止もありませんでした。
————————————————–
2号発電所(低圧連係49kw・FIT24円)  2018年3月分発電量
ミドルソーラー2号発電所(XSOL製パネル合計57kw パワコン合計49kw:FIT25.9円売電)の
3月分(算定期間2月8日~3月7日 28日間)
売電分
3,714kWh(104,016円)
昨年実績2,614kWh(84,110円)
昨年比 124%

売電開始から1年を迎えた2号機の昨年比が、先月・今月となかなか好調に推移中。心強い限りです。このくらい売電してくれれば、単月でキャッシュフローがマイナスになるのは12月と1月の2か月だけで済むことになります。今後とも頑張ってくれよ~。

————————————————–
3号機、4号機の推移
3号機:認定に不備があり、再度申請を行ったところ。販売会社の担当者に、こっちはリスクを負って新規事業に挑戦しようとしてるのだから、もう少し自覚してしっかり手続きをしてほしいと伝えたところです。
4号機:販売会社の工事計画にミスがあり、整地も必要になり工期が遅延中。月内には取り掛かれるらしいです。

不動産・太陽光事業の仕事のほとんどは「待つ」事。焦らずにメンタルを強く持ち続けることですね。経験上分かってはいるんですが、かつてないほどに待たされています。そういう春になりました。

-太陽光発電 開始後の経過

Copyright© 太陽光発電と不動産投資でめざせ資産形成! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.