融資について

日本政策金融公庫に融資申し込み

10/20(月)、法人の設立手続きが完了。早速登記簿や印鑑証明など必要な書類を準備し、かねてから用意していた事業計画書などと合わせて、その日のうちに日本政策金融公庫に融資申し込みを行いました。

提出書類 一覧

・過去2期の確定申告書、青色決算書
・借入申込書
・開業計画書
こちらからダウンロードしました。http://www.jfc.go.jp/n/service/dl_kokumin.html
・太陽光設備見積書
・法人(今回設立した合同会社)の登記簿
・自宅登記簿※
・住宅ローン借入残高※
上記二つは、自宅を担保に入れることにしたので、必要です。自宅などを担保に入れると、0.8%~1.5%の範囲で金利が下がります。私の自宅はまだ住宅ローンが終わっておらず、残債は約500万円。第一順位の抵当権はローンを借りている地方銀行になっています。政策金融公庫さんでは、自宅の評価額とローンの残債の差額(数百万程度ですが)を、第二順位の抵当権を設定して貰い、担保とさせて貰いたいと思っています。

数日後連絡があり、明日10/29(水)に1回目の審査・面接となりました。そのために必要な書類は以下の通りとなります。

・預金通帳(本人、家族含む)事業資金の10%程度の自己資金があるか。公共料金などの支払いが滞りなく行われているか、などをチェックされるようです。
・その他の借入金、ローンがあれば、その借入金残高の証明書。銀行の窓口で発行してもらいました(手数料420円)。
・固定資産税課税明細書、及び固定資産税の領収書(平成26年度分)。市役所の税務課で発行してもらいました(手数料420円)。
・太陽光発電所の土地の貸借について、条件などの分かるもの。
・本人の運転免許証など証明書。

では明日、面接に行ってきます。尚本日、仕事の合間に建設用地を見てきましたが・・・殆ど完成してました!実物を見ると嬉しいですね・・・3か月前までは、可能性だけを夢見てココロときめかせていましたが・・・こうして出来上がったものを目の当たりにして、さらにワクワクしてきます。

pic1

-融資について

Copyright© 太陽光発電と不動産投資でめざせ資産形成! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.