低圧24円案件に挑戦 太陽光発電 開始後の経過

太陽光発電所2号機、接続連携・売電開始

太陽光発電所2号機(24円物件)が、接続連携を完了し1/31(水)より、売電開始しました。昨年の6月から計画に着手、今回もまったく長い道のりでした~。スペックは
パネル出力:57.6kW/h
パネルメーカー:XSOL
土地:300坪(所有権)

JR沿線の原野。日当たり良好。太陽光発電の用地として申し分ありません。
20年間予想総売電額は30,000,000円。
予想売電年額:150万円~180万円
返済:96,542円(月額)
※15年、固定金利(2行協調融資)
1.85% 日本政策金融公庫さん
2.55% 信用組合さん
計画上表面利回り:10.0%
実質利回り:???これからが楽しみです。

1号機が36円物件
2号機は24円物件
パネル・パワコンのスペックでは2号機が圧倒的に上、単純に比較すれば1.5倍の発電量があっても不思議ではない。そして購入額は大幅に安くなっており、計画上のキャッシュフローでは1号機と遜色ない結果が出せるはずです。ところが実際はどう出るか?太陽光発電は毎年発電量が変わりますし、不確定要素があります。今後どのような推移を見せるのか大いに楽しみです。
IMG_20180131_112509

-低圧24円案件に挑戦, 太陽光発電 開始後の経過

Copyright© 太陽光発電と不動産投資でめざせ資産形成! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.