融資について

日本政策金融公庫に相談

9月下旬、日本政策金融公庫に相談に行きました。融資を申し込みするための手順や、日本政策金融公庫そのものの成り立ちや業務内容について、教えて貰います。
この時は、今回太陽光発電設備のお取引をさせてもらう業者さんと一緒に行きました。業者さん達は日頃から、独自のルートで金融機関の担当者さんと繋がりを持っていますので、いち個人がいきなり窓口に行くよりもはるかにスムーズに面談、商談が進みます。今回も、予め業者の方がにアポを取って頂いたので、上席課長代理さんというスマートな雰囲気の方が出迎えて呉れました。

日本政策金融公庫そのものについて・・・前身は国民生活金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫。政府が民間の事業をサポートするための金融機関。独自に債権を発行し、原資としている。金利面では民間金融機関と比べて、最も安いという訳ではないが、融資手数料がかなり安い。

・繰り上げ返済が自由。手数料不要。
・元利均等、元金均等、いずれも選択可能。
・保証人を取ることはありません。
・基準になる金利は1.9%。但し、自宅などを担保に入れると、0.8%~1.5%の範囲で金利が下がります。

今回の太陽光発電事業に関して、概要をお伝えした上での回答でしたので、事業内容などについて概要は変わると思いますが(特に金利に関しては)・・・。

とても分かりやすく、丁寧な説明でした。但し、太陽光発電事業そのものに関しては今風雲急を告げる、転換期なので、始めるならば急いだ方が良いと思います、とのお話でした。

-融資について

Copyright© 太陽光発電と不動産投資でめざせ資産形成! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.