融資について

金融機関さんと交渉中

アプローチ中の金融機関さんは
第一地銀A銀行さん
第二地銀B銀行さん
県信用組合さん

以上3行。A銀行さんから、融資OKの内諾は頂けました。また、B銀行さんからは支店長さんの口頭ですが融資OKです。いずれも、信用保証協会付きの事業ローンになります。個人向けのアパートローンではなく、事業に対する融資という形になるようです。

太陽光発電、不動産賃貸、いずれも法人(いわゆる資産管理法人、事実上は個人なのですが)で行っていきます。節税対策と、消費税還付によるキャッシュフローを考えての事です。不動産投資は個人でスタートする方が大半でしょうけど、2年後の所得税UPを折り込んでおかないと大変ですよね。不動産所得は売上全額が所得になりますが、銀行への返済は利息分しか経費に計上出来ません。個人で物件を取得し続けると累進課税が重くのしかかって来ます。規模が大きくなれば、経費控除の割合を高く出来るという点でも法人の方が有利です。

しかし、銀行さんからすると、個人での融資の方が通りやすいようですね。利率も、個人のアパートローンの方が有利です。この辺が痛し痒しなところです。まずはじっくり腰を据えて銀行さんとの相談を重ね、少しでも有利な条件を得られるように頑張ります。

-融資について

Copyright© 太陽光発電と不動産投資でめざせ資産形成! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.