パネル、設備の見積もり

低圧49kw太陽光パネル、設備の見積もり②

産業用低圧太陽光発電設備49kwのパネル、設備の一括見積もりを取ってみました。2社目からお見積りを頂きましたので公開いたします。

条件は、
・約300坪の土地に設置
・設備一式、工事費込み
・フェンス、整地費用は除外

という内容です。第2弾はB社様から頂きました、「トワダソーラー」。

トワダソーラー・49.0kw
トワダソーラー2014.11

こちらの業者様の提案は、「60KW~70KWモジュールに対しパワコン容量が49.5KW低圧産業用の提案が年間発電量と収支の関係が良い結果が出ております。」との事ですので、もう少し予算を増やしてパネル容量を上げた方が良いという事なのだと思います。価格的には、架台や電気工事の金額がやや高めに見積もられて来ていますので、配置の仕方などで大きく価格が変わるということなのかもしれません。地形などの打ち合わせ次第で、また価格が下がったりする余地があるように思いますがどうなのでしょうね。

余談ではありますが、未確認ではありますがかなり重要なお話が追記されてました。「電力の現在の状況から、今までは設備認定を受けていれば売電価格確定でしたが27年度には連系日ベースで売電価格が変わる事方向ですので、宜しくご検討ください。」

この件について、詳しく情報をご存じの方がいらっしゃったら教えてください。本当だったら大変ですね・・・急がないと!!

-パネル、設備の見積もり

Copyright© 太陽光発電と不動産投資でめざせ資産形成! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.