法人化

no image

2014/11/5

法人化のメリットを、もう少し詳しく

太陽光発電や不動産事業を、法人で行う事のメリットについて、もう少し詳しく考えてみたいと思います。 法人化することによって 1)小規模企業共済を活用し、貯金を経費扱いに。 2)法人から社員に給与を支払うことで、給与所得控除を得られる・・・自分や親族に給与を支払うことで、所得を再分配できます。 3)各種損金(減価償却費や、太陽光の一括償却分など)を9年間繰り越して損金に計上可能。 4)譲渡損失を損金に計上可能。 5)生命保険の全額経費計上。 6)退職金を支給できる。

no image

2014/11/5

法人化(合同会社設立)までの道のり

太陽光発電事業を法人化することで、どのようなメリットが得られるのでしょうか。 ○グリーン投資減税が適用できる(9年間の損金繰り越し)。 ○経費にできる支出の幅が広がり、節税メリットが享受できる。

no image

2014/11/5

法人の設立が完了しました

本日10月21日(火)、法人(合同会社)の設立が完了しました。行政書士さん(ネット上の会社設立サービス)に依頼したのが10月3日でしたので、2週間と少しで完了。

no image

2014/11/5

法人or個人、どちらで取り組むべきか

太陽光発電投資の大きなメリットの一つが、節税効果です。これは個人、法人、いずれで取り組んでも大きな効果を発揮します。 個人の場合・・・青色申告をすることで、初期投資(設備、設置費を含む導入費用)を経費として計上。会社から源泉徴収されている所得税などを、還付させることが出来ます。 法人の場合・・・・グリーン投資減税が適用されます。即時償却100%が可能、太陽光発電の初期投資(設備、設置費を含む導入費用)を全額、経費として前倒しで計上できる制度があります。損金は向こう9年間、繰越控除が可能になります。

Copyright© 太陽光発電と不動産投資でめざせ資産形成! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.