*

太陽光発電投資を知ったきっかけ、そしてミドルソーラーの定義

公開日: : 最終更新日:2014/11/05 太陽光発電、知っておくべき色々





本業のビジネスである広告物制作の方のお客様から話を聞く機会があり、太陽光発電の将来性を理解できました。どうしてもっと早く知ることが出来なかったのか~!
私が挑戦するのは、いわゆる「ミドルソーラー」です。
「ミドルソーラー」の定義ですが、電力出力10kW~1000kW未満の、小中規模の太陽光発電システムを指しています。10kWに満たない一般家庭向けのシステムより大きく、1000kW以上の大規模太陽光発電所(メガソーラー)より小さい規模であることから、「ミドルソーラー」と呼ばれています。

ひとくちに「ミドルソーラー」と言っても幅広く、その中で私が進めようとしているのは、比較的小さな規模の「低圧連系・50kW未満」のシステムです。尚、最近良く見かける太陽光発電所の多くが、企業などが手掛ける「高圧連系・ミドルソーラー」あるいは1000kw以上の「メガソーラー」。その小さい版が、我々一般人にも手が届く「ミドルソーラー」になります。
50kW以上となると「高圧連系」というものになりますが、それ以下の「低圧連系」との違いをまとめると、このようになります。

低圧連系 高圧連系
出力容量 10kW~50kW未満 50kW以上~1000kW
設備 一般用電気工作物 自家用電気工作物
設備関連 既設電柱への直接引込がほとんど キュービクル(受電設備)の設置が必要
主任技術者の選任 不要 必要
保安規定の届出 不要 必要
コスト ランニングコスト低 ランニングコスト高
電力会社協議 1ヶ月程度、事前照会は無料 3ヶ月程度、事前協議21万円
設置面積 広大な土地は不要 広大な土地が必要

必要な土地ですが
10kWシステムの場合:100~150㎡(30~50坪)程度必要
50kWシステムの場合:500~900㎡ (150~300坪)程度必要

このように、少ない投資でも始められるのが「ミドルソーラー」です。一般的に、土地代+設備費用1,500万円前後の費用、と考えて良いのでは無いでしょうか。
またさらに、
●フェンスの設置費用(50~100万円程度)
●電力会社への連係費用(場所に寄りますが50~100万円程度)
●損害保険費用
が必要コストになります。

関連記事

no image

太陽光発電導入説明会

12/18(木)、秋田市のビューホテルで「太陽光発電導入説明会」がありました。地元の太陽光発電関連企

記事を読む

solar

地上権と土地賃借権の具体的な違い

地上権と土地賃借権の具体的な違い 現在挑戦中の18円物件ですが・・・800坪の土地(21年の賃

記事を読む

no image

ソーラーシェアリングについて少し勉強

今後の日本の農業を変えるかもしれない“ソーラーシェアリング”とは http://kaden

記事を読む

solar

領収書に印紙が不要なケースとは?

先日の4号機土地の売買契約の際、売主様から手付金の領収書をいただきました。翌日売主様から連絡があり、

記事を読む

no image

太陽光発電所の火災保険

太陽光発電所の火災保険について、複数社から見積もりを取ってみました。 火災保険に加入することで

記事を読む

no image

FITのルール変更!?

ワタクシが購読しているあるメルマガに、緊急情報としてこのような記事がありました。 該当される方

記事を読む

no image

太陽光発電と不動産投資の違いとは?

自分なりに考えてまとめてみました。いずれも、お世話になっている太陽光事業を展開されているある社長から

記事を読む

no image

賃借権の設定

今回、太陽光発電事業を行う36円売電用の土地は、EPC業者様より借りることになります。 賃貸借

記事を読む

solar
2019年2月分発電量 1号機&2号機の売電結果

2019年2月分発電量 1号機&2号機の売電結果 1号発電所(低

rate chart
株式・投信 資産運用状況 2019/1/31

太陽光2基分の先行支払いが続き、現金が・・・(涙)この調子だと当分は株

solar
2019年1月分発電量と、第4期(平成30年分)1年間の集計です

2019年1月分発電量 1号機&2号機の売電結果 1号発電所(低

house
大家さんの勉強会へ

1/12(土)は、秋田大家さん飲み会兼勉強会でした。現役大家の先輩方、

rate chart
株式・投信 資産運用状況 2018/12/31

12月は600,000円をMRFに入金、J-REIT「タカラレーベン不

→もっと見る

  • 秋田県秋田市在住。産業用太陽光発電と不動産賃貸事業で、安定した経済基盤を作ることを目指しています。 ワンボックスのクルマで年中あちこち旅して回っています。
PAGE TOP ↑