*

太陽光発電投資を始めてみます

公開日: : 最終更新日:2014/11/05 はじめに自己紹介など

現在40歳、広告制作の事務所を開業して10年になります。ずっと個人事業主として一人親方です。仕事は順調ですか?と良く聞かれますが・・・このご時世、右肩上がりには行きませんよね。特に私のような業態の場合、波が激しい。将来に備えて、本業のビジネスだけでなく、もう一本収入の柱が欲しい。出来れば向こう数年のうちに、安定した財務基盤を築きたい・・・この春一念発起、まずは図書館と書店に通い、ビジネス書と投資にまつわる書物を読み漁ることから始めました。そして、不動産関係の勉強会、セミナーに参加するようにしました。

安定した配当、収入を得るためには
不動産投資・・・安全で安定した投資
法人(プライベートカンパニー)の設立・・・節税を組み合わせることでキャッシュフローを最大化する。

なるほど、こういう方法が良いのか。
そこで注目したのが、太陽光発電投資です。色々調べてみると(書籍が無いのでほぼネットですが)なになに、国の「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を利用して、向こう20年間決まった価格で売電が可能・・・ふむふむ。安定した収益が得られそうだ。「太陽光発電で売電収入」「不動産から賃貸収入を得る」またあるいは、この二つを組み合わせて物件を所有すれば、リスク分散になりさらに安定した収入が見込める。

ちなみに2014年9月現在のワタクシは、太陽光発電用の土地も収益物件も持っておりません。まだ住宅ローンの残る自宅と、数百万円の現金が出発時点の全財産。本当に上手く行くのかどうか、やってみないと分かりません。将来の資産形成を考える同世代の多くの方々の参考になるよう、なるべく詳細に、実際に起きたことや学んだことを順番に綴っていきます。

上手く行っても失敗しても、経緯を詳しく書いて行きますので、楽しく読んで頂ければ幸いです。

IMG_2520
こちらは現在建設中の発電所第1号機の現場です。

関連記事

記事はありませんでした

rate chart
株式・投信 資産運用状況 2018/11/30

月初は少しばたつき、更新が遅くなりました。 11月は、若干日経平均戻

solar
領収書に印紙が不要なケースとは?

先日の4号機土地の売買契約の際、売主様から手付金の領収書をいただきまし

P_20180420_131622
3号機と4号機の進捗

3号機・・・工事はこの3連休から始まり、週明けには架台まで完了するよう

solar
2018年11月分発電量 1号機&2号機の売電結果

2018年11月分発電量 1号機&2号機の売電結果 1号発電所(

rate chart
株式・投信 資産運用状況 2018/10/31

10月は一気に進んだ相場急落。リーマンショック後に匹敵する下げ幅だそう

→もっと見る

  • 秋田県秋田市在住。産業用太陽光発電と不動産賃貸事業で、安定した経済基盤を作ることを目指しています。 ワンボックスのクルマで年中あちこち旅して回っています。
PAGE TOP ↑