ネットワーク監視カメラ 太陽光発電 開始後の経過

監視カメラを発電所1号機に設置!

リアルタイムで発電所の状況を確認できる監視カメラはいつかは欲しい、と思いつづけてきましたが、コスト面もありなかなか踏み切れませんでした。近年、かなり安価で高品質なカメラが増えてきましたので、まずは1号機に導入しました。購入したのは

YESKAMO 防犯カメラ 屋外 ソーラー WiFi 1080P 15000mAh高容量 電池式 監視カメラ・・・¥15,500
HUAWEI E5785 SIMフリー モバイルwi-fiルーター・・・¥9,818

合計¥25,000で導入出来ました。データ通信のためのSIMカードは、楽天モバイルさんを利用。月間データ通信1GBまで無料で使用できる「Rakuten UN-LIMIT VI」を使いますので、実質無料で監視カメラのデータを受信できます。



まずは自宅で、マニュアルに従ってスマホにアプリをインストール、そしてカメラのネット接続を行います。簡単でスムーズに出来ました。ソーラー充電式IPバッテリーカメラです、防犯対策には充分すぎるほどの多機能を装備していますね。
発電所への設置ですが、集電箱の中のコンセントから電源を取り、モバイルwi-fiルーターをUSB接続します。YESKAMO 防犯カメラは、その上の電柱に設置し、付属のソーラーパネルから電源を取ります。集電箱は金属製ですが、フタを閉めても周辺20メートル程度はWIFIの電波がありますので、割と自由度高くカメラ設置が可能のようです。
自宅に帰り、スマホで画像を確認すると・・・見事に鮮明な画像です。解像度の切り替え、動くものの自動探知、記録保存、そしてかなり広範囲を見ることが出来ます。これは凄い~技術革新ですね。これで草の生え具合、荒天時の確認など、現地まで行かなくても随時チェック可能になりました。他の発電所にもどんどん取付していきたいと思います。

-ネットワーク監視カメラ, 太陽光発電 開始後の経過

Copyright© 太陽光発電と不動産投資でめざせ資産形成! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.